ただ、己が道を往くのみ。答えは聞いてない。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「光」と「闇」
u02716801i9294.jpg

私の大好きなゲーム「ファイナルファンタジーⅣ」GBA版をプレイ開始しました♪
このゲーム、大好きなんですよね^^
何がいいのかと言いますと、熱い演出が多い♪
自分を犠牲にして仲間を守ろうとするシーンなどが多いのですよね。

押し迫る壁から仲間を守る為、自らの身体を石化させた双子の魔導士パロムとポロム・・
巨大砲の発射を止める為、自らを犠牲にしたモンク僧ヤン・・
迫る飛空艇を振り切る為、爆弾を持ち決死のダイブを敢行した飛空艇技師シド・・

仲間を守る為、自らの身を犠牲にする・・
熱いですよ。泣けますよ(TT

その他、
娘の仇を討つ為、死を覚悟でゴルベーザに挑んだ賢者テラ・・
武器を封じられた仲間を助ける為、弱った体で竪琴を奏で続けた吟遊詩人ギルバート・・

大切なものの為に、必死で戦った彼らのイベントも好きなシーンの一つです。

・・
どうして身体を石化しただけで迫る壁を止められるのか?とか、
モンク僧がどうやって暴走する機械を止めたのか?とか、
大きな山に開いた巨大な穴を、一人が持てるだけの爆弾でどうやって埋めたのか?とか、
そんな野暮なことを考えるのはやめておきましょう^^
熱いから、泣けるからいいじゃないですか♪

FFⅤにもガラフ達「暁の4戦士」が犠牲になるシーンがありましたが、Ⅳの場合、一度は一緒のパーティで戦った仲間ばかりなので、思い入れが違います。
最後には生きていて、ひょっこり現れる仲間達ですが、もうパーティには入れられないんですよね。
そんなFFⅣファンに嬉しい追加要素「パーティチェンジシステム」では、物語の後半からは好きな仲間をパーティに加えられるようになるとのこと♪
ヤンやシドやテラをラストダンジョンに連れていけるんですよ^^
もっとも、今の所・・
「ラストダンジョンに通用する爪やハンマーがフォローされているのかどうか」や「最後まで最大MP90限定なのかどうか」などは定かではありませんけども。
いや・・・
そんなの関係ないですよね^^
ええ、愛があれば、そんな問題乗り越えられるはずです♪♪
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © NEGATIVE DESTINY EDGE. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。