ただ、己が道を往くのみ。答えは聞いてない。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾風大車輪の如く
会社の昼休み、弁当を食べながら・・・「ハヤテのごとく!」を読む。
これほどにツボに嵌った漫画は久しぶりな気がします。
好きな漫画は?と聞かれれば、少年向では「北斗の拳」「魁!男塾」「聖闘士星矢」「遊☆戯☆王」「魔法先生ネギま!」など。大人向では「ナニワ金融道」「特上カバチ!」「極悪がんぼ」「夜王」などありましたが・・
「ハヤテのごとく!」には、これまで読んできた漫画とどこか違う精神的フィット感がありました。
何が刺さるかといいますと、いたるところに散りばめられた、わかる人にしかわからない小ネタ。
手元にある第6巻を手にとって、開いたページには
「愛ってなんですか・・・?」
「むろん、「ためらわない事」だ!!」
というやり取りをするシーンがありましたが、こういうのを絶妙のバランスで積み込んでるんですよねー。あと、時折出てくるガンプラネタも好きなので嬉しいですね。
この種のネタは、描き手の趣味が出てきます。きっとハヤテの筆者である畑健二郎さんも、好きなんでしょうねー。

ハヤテといえば、1億5000万の借金を背負い、金持ちのお嬢様を誘拐しようとして、成り行きで執事になってしまうというお話であります。
1億5000万の借金・・・現実ではありえない話なんですが、ハヤテの生き様を見ていると・・どれほどに追い込まれようとも、前向きに生きることを教えられます。
いあー、実は私、ちょっとしたネット関係でのイザコザで、民事訴訟もしくは刑事告訴の危機に立たされちゃってまして、ちとばかし焦ってます^^;
ハヤテのように1億5000万の賠償金や罰金を要求されるわけじゃないですけど、軽い気持ちでやったことが大きなトラブルに発展することもあるので、気をつけましょう。
まあ、人生に一度ぐらい・・・おまわりさんのお世話になるのも、社会勉強かな?ってぐらいに思っておきますかね♪

ある日突然1億5000万の借金を負わされるように・・いきなり災難に遭うことは、誰でもありますよね。
例えば・・・ある日突然、近所のビデオ屋からレンタルビデオの延滞料金100万円を要求されたりしてw
中学生の頃に借りたビデオを返し忘れたままほったらかしになってて、10年分の延滞料を請求!w
そのビデオ屋の店主はやくざ者だった!とかw

世の中、理不尽なアクシデント満載ですが・・前向きに行きましょう!と自分を励ましてみる。

「運命に負けて しゃがみこむなんてつまんないよ
 それじゃかっこ悪いよ

 嘘から出たマコト 後悔はきっと身から出たサビ
 絶対、なせばなる!

 大きな波紋に飲み込まれてく からだ波に任せれば
 
 勘違いの夢 的外れの期待 
 強く思えばいつか、掴めるさ!
 大地蹴り上げ 走り出そう
 気ままに舞う風の如く」
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © NEGATIVE DESTINY EDGE. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。