ただ、己が道を往くのみ。答えは聞いてない。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も見ない、未来の国を少年は探し求める
10/6、mixiのダイバーコミュニティのオフでダイビングに行ってきたのですが・・
ここでは、大きな壁にぶち当たった気がします。


当日は台風の影響で、透明度も悪く、うねりが激しかったのですよね。
人数やガイドなども含め、私がこれまで経験してきた都市型ショップのダイビングツアーとは違っていて、ストレス的なものもあり・・・
海のコンディションの悪さ故もあり・・エアの消費が激しく・・・エントリー後わずか10分程度で浮上し、中断しなければならなかったのです。
これでは、話になりません。
あまりにも無様です。一緒にオフに参加した人達にも、頼りない奴だと思われたでしょうね・・。
なんか嫌われちゃったみたいです(汗


未熟ですよね・・。
なんとかしないといけません・・。
頑張らないと・・・
脚力・体力を付けてエアの消費を抑えられるようにしなければなりません。


このダイブで疲れて・・少し、思ってしまいました。
私、どうしてダイビングなんて始めたんだろう?
どうしてだったかな・・・
確かきっかけは・・・アニメやゲームやカードゲーム以外で、誇れる趣味を持ちたかったからなんですよね。
まあ、女の人にNGされて、ヲタな自分を否定したこととか、
職場の上司の一人がレーシングカートという立派な趣味を持っているから、自分も何か誇れるものを持ちたいと思ったこととか、
とにかくこれまでやったことの無い事を何かやって、自分をぶっ壊そうと思った。それが理由でした。
それでどうしてダイビングを選んだのかって?
他にもいくらか候補はありました^^
ダンススクールに通ってダンサーになるとか
ハンググライダーとか、
ラジコン飛行機とか、


とにかくやったことの無いものを・・と思っていた中で、「ドラえもん」の漫画でスネ夫がダイビングをやる話がありまして。スネ夫といえば多趣味な大学生の従兄弟がいるですよね。ハンググライダーをやるシーンもありました。で、スネ夫やその従兄弟の趣味から・・・
ちょうどその時は7月でしたし、海のシーズン。
じゃあ、ダイビングを始めて、ダイバーになってやろう!と思い
あれこれ考えていても仕方が無いし・・とにかく動こう、
自分の住む市内にある都市型ダイビングショップの門を叩き、スクールの申し込みを即決で行いましたっけ。
そこから、ダイビングライフの第1歩が始まりました・・・


今では、その高い器材ばかり売ろうとするそのダイビングショップとは袂を分かち・・
ショップのツアーには参加せず、自分で現地の海へ行き、潜っていこうと思っています。
けれど・・・そうそううまくはいかないようですね><


以前の自分はデュエリストでした。
デュエリストはデュエルを戦い、勝利を目指すことを第一としていました。
より強いデッキを作り、優れた戦術を身につけ、トーナメントでの優勝を目指す・・・そんなデュエリストであれと思っていました。


でも一言にデュエリストといっても、トーナメントで勝利を目指すだけでなく、ファンデッキやネタデッキばかり楽しむ人もいます。
今は私はダイバーです。当然ダイバーにも色々なスタイルがありますよね。
どんなダイバーになりたいんだろう?
ただ何も考えず海へ潜り、魚を見て楽しむだけ・・?
スキルを上げて、インストラクターを目指す・・?
まだ本数は僅かに17本、これから私はどんなダイバーになって、どんなダイビングを経験していくのか・・。
それはまた、神のみぞ知るのでしょうね。
とりあえず・・ショップに依存しないのなら、スキルはきちんと上げていかないといけないのは、確かだと思います。
その為にも、まずは体を鍛えないとね。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © NEGATIVE DESTINY EDGE. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。